MENU

TOKYO 働きやすい福祉の職場宣言

社会福祉法人東京弘済園 弘陽園

2019年03月20日 更新

運営する法人の情報

名称 社会福祉法人東京弘済園
法人所在地
三鷹市 東京都三鷹市下連雀5丁目2番5号
電話番号 0422-43-3319
FAX番号 0422-47-9363
メールアドレス
ホームページURL http://www.kosaien.or.jp
事業分野 高齢者/子供
実施事業 指定介護老人福祉施設/通所介護(介護予防)/短期入所生活介護(介護予防)/特定施設入居者生活介護(介護予防)/居宅介護支援事業者/認知症対応型通所介護/養護老人ホーム/軽費老人ホーム(ケアハウス)/保育所(認可保育所)
この法人が運営するその他の事業所

弘済園

弘済ケアセンター

三鷹市高齢者センターけやき苑

弘済ケアセンター指定居宅介護支援事業所

けやき苑指定居宅介護支援事業所

弘寿園

弘済保育所おひさま保育園

事業所基本情報

名称 弘陽園
法人所在地
三鷹市 東京都三鷹市下連雀5丁目2番5号
電話番号 0422-43-3319
メールアドレス
ホームページURL http://www.kosaien.or.jp
事業分野 高齢者
実施事業 特定施設入居者生活介護(介護予防)/軽費老人ホーム(ケアハウス)
事業所の詳細な情報については、「とうきょう福祉ナビゲーション」をご覧ください。
(一部に情報が未掲載の事業所もあります。)

概要情報

PR動画
運営方針・理念 社会福祉法人 東京弘済園は、老人福祉事業を行うため昭和30年12月に公益財団法人鉄道弘済会によって武蔵野の面影の残る三鷹市に創設されました。
当園は、生活保護法に基づく養老施設「東京弘済園」を昭和31年4月に事業開始して以来、数々の新設・名称変更・改築を経て、現在は特別養護老人ホーム「弘済園」、養護老人ホーム「弘寿園」、ケアハウス「弘陽園」の3つの入所施設と、高齢者在宅サービスセンター「弘済ケアセンター」、「三鷹市高齢者センターけやき苑」の2つの通所施設および2つの地域包括支援センターを運営する総合老人福祉施設として各分野に積極的に取り組んでおります。
また、保育園(定員60名)を併設し、今後、更に進む少子高齢化社会の到来に備えてまいります。

「心のこもった質の高いサービス提供に努めます」
「利用される方の意向や要望を尊重いたします」
「安らかで生きがいのある生活を援助いたします」
求める人材像 当法人では、プリセプター制度を取り入れ、新人職員指導を行っております。職場内研修等によりキャリアアップを図り、介護職としての専門性を高めていただきながら、社会人としてより幅広い視野を得たい方にご応募いただきたいと思います。
職場のアピールポイント 1.職員ひとりひとりを大切にする職場です。
2.公益性の高い各種事業を運営していることによる、仕事を通じた社会貢献ができる仕事です。
3.入居者様とともに笑顔になれるアットホームな職場環境です。
4.昭和30年に(公財)鉄道弘済会により創設された長い歴史と安定性の高さが魅力の法人です。

「自分らしく、生きがいに満ちた生活を送っていただきたい――」 私たちは三鷹市で最初の特別養護老人ホームを作った社会福祉法人として、ご本人やご家族の要望を尊重した質の高いサービス提供に努めています。また、お一人お一人の状況に応じ、個人または集団でのリハビリプログラムを提供しています。介護職を中心に、看護職、理学療法士、作業療法士などがチームを組み、専門性とホスピタリティの高いチームによる福祉サービスに取り組んでいます。「心のこもった質の高いサービス」「安らかで生きがいのある生活の援助」をモットーに、総合福祉施設を経営する地域福祉の中核として、地域の方々と手を取り合って歩んでいきたいと思います。

入職後は継続的に研修やトレーニングを行い、スキルアップに努めています。OJTではプリセプター制度を取り入れ、年次の近い先輩がマンツーマンで実務指導します。資格取得支援制度も完備し、介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員、栄養士、調理員といった資格取得に必要な費用を援助。実技試験の対策講座も行っています。また職員同士のイベントも盛んで、部署ごとのほか年に数回、全職員を集めたボーリング大会や忘年会などを行い、普段あまり顔を合わせることのない他部署の職員や、別の部署で働く同期との交流の場となっています。また、住宅補助が手厚いのが特徴で、住みたい町ランキング上位の吉祥寺周辺に住む職員も多くいます。
職員数 36人
職員雇用区分別人数 職員21人 パート15人
職員数(男女別構成) 男10人  女26人
在職職員の年齢構成 20代 3人(8.3%)、30代 11人(30.6%)、40代 4人(11.1%)、50代 10人(27.8%)、
60代 8人(22.2%)
社会保険 あり
退職金制度 あり
定年制度 あり
健康管理に関する取組 ・定期健康診断の実施(労働衛生協会実施)
・特定保健指導の実施
・インフルエンザの予防接種の実施
・ストレスチェックの実施(アドバンテッジリスクマネジメント実施)
・労働安全衛生法に基づく衛生管理者の設置
その他の福利厚生 退職共済制度加入、社会保険完備(厚生年金保険・健康保険・雇用保険・労災保険)
資格取得支援制度あり(受験料及び受講料の70%(上限10万円))、永年勤続表彰(10年 15,000円・20年 30,000円・30年 40,000円)、
社内慰安会費 年間8,000円補助あり
地域における公益的な取組の内容 毎年11月に東京弘済園まつりを開催しております。

宣言事業所詳細情報

過去3年間の新規入職者の採用数と退職者数 平成27年度 入職7名 退職2名
平成28年度 入職1名 退職0名
平成29年度 入職3名 退職0名
※人数は法人全体の介護分野の合計です。
早期離職防止・定着のための取組 採用後、新規採用時研修を行い、事業内容及び社会人心得の習得や介護関係の知識習得に取り組んでいる。また、プリセプターシップ制を取り入れ、新入職員の仕事における不安や悩みの解消、業務の指導・育成を目的に先輩職員がペアとなり、サポートする体制を整えている。
採用前の職場体験・見学 あり
研修体系の整備状況とその内容 介護職の経験年数や階層に応じた研修を法人主催または部外研修を受講する体系となっている。
新規採用者研修の内容 法人の事業内容及び業務遂行にあたっての基本知識の習得、社会人心得の習得などを実施している。
研修機会の確保・出席率向上に向けた取組 総務課から介護職の知識・技能の向上のための部外研修に派遣するよう推進している(東京都社会福祉協議会主催の研修等)また、介護職の人員配置についても、余裕を持たせており、業務に負担なく研修に積極的に参加できるよう、配慮している。
評価制度の対象者と評価の内容 職員、契約職員が評価制度(人事考課)の対象です。
評価は、半期ごとに行っており、職能要件書に基づき、評価役割期待レベル(5段階の評価基準)に基づき、評価者(一次評価者、二次評価者、三次評価者)が評価を行います。
評価に関する面談の実施 あり
評価制度の給与賞与への反映の仕組み 半期ごとの評価結果を基に勤務成績による増額が決定されます。
【新卒】初任時の月次給与額(所定内賃金) 195,800円
【中途採用】初任時の月次給与額(所定内賃金) 195,800円
初任時の月次給与額の説明 大卒(専門課程) 175,800円(基本給)+20,000円(調整手当)=195,800円
※上記の他に経験加算有。
主な手当 夜勤手当 1回6,500円、住居手当 27,000円まで、扶養手当 配偶者16,000円 子ども 5,500円
新卒入職3年目の年間賞与支給額 953473
新卒入職3年目の年収 4005983
キャリアパスの概要と階層ごとの年収 施設長 平均勤続年数40年 約628万円
副施設長 平均勤続年数30年 約600万円
係長 平均勤続年数20年 約520万円
主任 平均勤続年数10年 約450万円
ケアワーカー 平均勤続年数5年 約370万円
年間休日数 104
各種休暇制度(法定休暇除く) 年次有給休暇、結婚休暇5日以内、忌引7日以内、配偶者の出産3日以内等、育児・介護休業・子の看護休暇
採用1年目の休日出勤日数 なし
平均有給休暇取得日数 11日
平均有給休暇取得率 65%
夜勤時の勤務時間 16:00~9:30(休憩180分)
1ヶ月平均夜勤回数 5
夜勤時の人員配置 2
育児休業取得者数(過去5年間) 13(法人全体の人数)
育児休業後の復帰継続勤務職員の数(過去5年間) 13(法人全体の人数)
産後職場復帰しやすい取組 あり
産後職場復帰しやすい取組の内容 ・育児のための短時間勤務制度
・半休(半日年休)制度
介護休業取得実績(過去5年間) 1(法人全体の人数)
年次有給休暇取得奨励の取組の内容 一日年休の場合の使いづらさを考慮し、半日年休制度を導入し、利用の促進を図っています。
時間外労働時間数(月平均) 6
超勤時間縮減に向けた取組 なし
超勤時間縮減に向けた取組の内容 毎月の超勤時間表を作成し、時間外が多い人の業務分担の見直しなどを随時行っている。
仕事と育児・介護の両立に向けた取組 あり
仕事と育児・介護の両立に向けた取組の内容 ・労働時間の短縮及び時差出勤制度の整備
労働時間の短縮制度については、3歳に満たない子を養育する者の申請に基づき、1日の所定労働時間を最長1時間短縮できる制度を整備しています。これに加え、介護を行う者の申請に基づき、3年の間で2回までの範囲で1日の所定労働時間を最長1時間短縮できる制度を整備しています。

TOKYO 働きやすい福祉の職場宣言取組状況

取組状況100%

  • 宣言年月日2018年10月05日
  • 宣言有効期限2021年10月31日
達成項目名 取組状況
運営方針・理念を明文化している

達成

採用前の職場体験や職場見学を実施するなど、求職者に対し職場環境に関する情報を発信している

達成

求める人材像を明確にしている

達成

新規採用者を育成する体制を整備している

達成

階層、役割ごとの人材育成環境を整備している

達成

マニュアル等を整備し、人材育成に活用している

達成

外部研修、勉強会等職員の能力開発を奨励している

達成

キャリアアップの仕組みが整備されている

達成

仕事の成果・取組状況等に対する評価を実施している

達成

評価に応じて処遇改善する仕組みを整備している

達成

休暇取得、超過勤務縮減等に向けた取組を実施している

達成

仕事と育児・介護が両立できる取組を実施している

達成

健康管理(メンタルヘルス対策含む)に関する取組を実施している

達成

職場内でのコミュニケーション活性化のための取組をしている

達成

表彰制度など職員のモチベーションを高める取組を行っている

達成

苦情やクレームに対して、組織として対応する体制がある

達成

地域貢献や地域との交流を実施している

達成

宣言情報に関する現地調査 なし
調査年月日

職員からのメッセージ

原 優生さん   (2013年入社)

仕事の内容

介護職のイメージは、食事・排泄・入浴など日常生活の援助を行う仕事と表現することが多いと思います。安心した生活を過ごして頂けるように、その方に合わせたプランを考えながら援助をしています。
その中でも私が大切にしていることは、援助を行うという意識だけではなく、ご利用者様の人生に携わっているということです。
その方の人生に携わることの出来るお仕事はなかなかないと思います。
ほんのわずかでも、”ここへ来て、出会えてよかった”と思って頂ける様に、またご利用者様が、自分らしい生活を送れるように援助を含め、日々の関わりを大切にしています。

職員からのメッセージ

利用者様は皆さん人生の大先輩の方々です。
日々、その方の時代で流行したことや、料理やお洗濯などの家事の裏ワザ、人生の教訓、楽しかったことや失敗談など聞く機会があり、仕事をしながら様々な知識や人生観が学べると思っています。
そして、なによりも嬉しいのは、利用者様が私に心を開いて色々なことを話してくださるということです。
ご利用者様に少しでも寄り添うことが出来たということを実感するとともに、それが次の仕事への自信にも繋がっていきます。
決して楽な仕事ではありませんが、その分、日々得られるものや喜びも大きい仕事でもあると思っています。
専門学校での実習を通じて、東京弘済園で働くことを決意しました。
東京弘済園で働いている職員同士のモチベーションが非常に高いこと、ご利用者様への真摯な対応を見て、ここで一緒に仕事をしたいと思ったからです。
職場の雰囲気もとてもよく職員一人一人が大切にされていると実感しています。
先輩職員からも、プリセプターシップ制度の利点を十分に活かした親身な指導があり、自分自身のスキルを十分に磨くことができる点も魅力に感じました。
また、マニュアルがしっかりと整備されている点も働きやすさを感じました。

社会福祉法人東京弘済園 弘陽園 の詳細ページにもどる
このページのトップへ